Home » 職員研修制度

職員研修制度アルト介護センター

研修制度

◇アルトの特徴前田さん-7

(1)理念を大切にしている

(2)顧客に対しても、職員に対しても、法令やルールはきっちり守る

(3)勉強する機会が多い

(4)人事考課やキャリアアップが明確になっている

☆(1)(2)『アルトの基本理念』=『アルトの考えている事・アルトのやり方』 概説

☆(3)勉強する事と(4)人事考課・キャリアアップ

◇研修の内容

≪基礎研修≫

・入職当初の先輩職員によるマンツーマン教育(オーベン・ウンテン制)

・新人研修、初級者研修、中級者研修(実務の研修)

・介護職員研修(主に座学。研修日に実施。合計12単位)

・パワーリハビリ、認知症介護、初期研修

≪技術系研修≫

・パワーリハビリ、認知症介護等の専門研修(主に外部研修)

・ケアマネージャー資格 取得援助

≪管理系研修≫

・上級者研修(実務の研修:主に部下の指導や外部との折衝)

・アルト経営塾(管理者、経営者としての基礎知識を修得)

・アルト塾(所長としての実務を修得)

人事考課とキャリアアップ

≪人事考課の基本≫

・定期的な所長との面談で、不足している点を具体的に指摘しつつ評価する。

≪キャリアアップの基本≫

・定期的な所長との面談で、所長のアドバイスを受けながら自分で選択する。

研修図2

◎サービス責任者とは

あるサービス(例えばパワーリハビリ、認知症介護、リスク管理など)のプロ。

アルト全体に対して担当するサービスの質の担保や職員教育を受け持つ。

外部での研修を定期的に受けるなどで、全国区レベルの技能を保つ。副所長級。

◆就職後のステップアップ例

【第1段階】介護のプロになる(3~5年)→介護職員として勤務する

・介護福祉士免許 ・上記の基礎研修

【第2段階(a)】介護保険のプロになる(3~5年)→ケアマネージャーとして勤務する

・ケアマネージャー資格取得

【第2段階(b)】細分化された介護分野の専門家になる(3~5年)→専門家として勤務する

・上記の技術系専門研修

【第3段階】介護事業のプロになる(4~5年)→管理職として勤務する

・上記の管理系研修

【第4段階】自分の進路を決める(就職後10~15年目)

 

 

 

Copyright(c) 2013 アルト介護センター All Rights Reserved.